不動産投資

【不動産投資初心者】最初に買うべき物件の条件とは?

困っている人

不動産投資初心者にオススメの物件はどんな物件だろう?どんな物件から始めれば良いのかな?

本記事ではこんな疑問を解決します。

この記事でわかること

  • 不動産投資初心者が最初に買うべきおすすめの物件

1棟物、戸建て、区分マンションなどたくさん種類があってどれが良いのかわからない。

不動産投資を始めたいけど、どんな物件から始めれば良いのかって難しいですよね?

本記事では不動産投資初心者はどんな物件から始めるのが良いのかを僕の考えも踏まえて書いていきます。

僕のおすすめは1棟ものです。なぜ1棟ものをおすすめするかも詳しく解説するね。

のんびり温泉大家

@onsenooya

  • 元看護師リタイア生活中
  • 個人・法人にて4棟42室 所有中
  • CF100万円/月 達成

せっかく不動産投資を始めるのだから自分にあった良い物件を購入しましょう。

では本文にどうぞ。

不動産投資初心者にオススメの物件とは?

不動産投資には様々な種類の物件がありますが、今回はざっくりとですが3つに分けて考えていきます。

1棟物件、戸建て、区分マンションに分けてみていきましょう。

1棟物の場合

1棟物が僕の一番のオススメです。

まずは1棟物のメリット・デメリットをみていきます。

1棟物のメリット

  • 借り入れを返済後は土地が残る
  • 部屋数が複数あるので収入が0にはなりにくい
  • 部屋数が多いので収入が多い

1棟物のデメリット

  • 借り入れが多い
  • 修繕費用がかかる

1棟物のメリット・デメリットとして代表的なものをあげました。

僕は物件選定を大きく失敗しなければこのデメリットはそこまで怖くないと思います。

僕が1棟ものをオススメする一番の理由は、土地が残る点です。

5000万円の物件を購入する際に、実勢土地価格が5000万円以上ある物件であれば借り入れを返済すれば5000万円の土地が手に入ります。

購入する際にエリア選定をしっかりすれば空室に困ることもないので、借り入れが大きくても大丈夫です。

20年融資の場合10年経てば借り入れはほぼ半分終わるので、残債は2500万円になっているはずです。

土地値が5000万円ある場合、売却の際も5000万円前後で売却できるので、所有中の空室に注意していれば大きく失敗する可能性は低くなります。

僕自身は5000万円前後の物件を購入することが多いのですが、このくらいの規模感の物件だと屋根、外壁を全て塗装しても300~400万円あれば十分行えます。

のんびり温泉大家

大規模な修繕費が多額になりがちなRC物件は避けています。

また戸建て、区分マンションに比べて規模感が大きいので借り入れも大きくなりますが、CFも大きくなります。

目指す目標にもよりますが同じCF50万円でもアパートを1棟購入するのと、戸建てを10戸購入するのではかかる手間が大きく違います。

こんな理由から僕は1棟ものの物件をオススメしています。

この記事もチェック

👇👇はやりの新築物件について知りたい方はこちらの記事をどうぞ👇👇
不動産投資で新築アパートはアリなのか?無しなのか?

この記事もチェック

👇👇築古物件について知りたい方はこちらの記事もどうぞ👇👇
築古アパートのメリット・デメリットは?本当に投資対象になる?

戸建ての場合

次は戸建てについてみていきます。

最近は戸建て投資が流行っていますが、僕は個人的に戸建て投資が向いていないのと難易度が高いと感じているため参入していません。

戸建てが向いている人

  • 比較的時間に自由が効いてDIYが行える人
  • 物件に対する目利きができる人

最近価格が安く初心者でも購入しやすいためボロ戸建てが流行っていますが、僕はこのボロ戸建て投資は結構上級者向けだと思っています。

戸建てが難しい理由

  • 投資規模の割に修繕費用がかかる
  • クセのある物件が多い

詳しくみていきます。

投資規模の割に修繕費用がかかる

戸建て投資は100万円以下から購入できる物件もたくさんあります。

しかし修繕内容によっては簡単に500万円くらいかかってしまう可能性があります。

DIYが行える場合は多額にかかる修繕費を圧縮することができますが、全て業者さん任せだと購入する金額以上の修繕費がかかってしまうことも十分考えられます。

せっかく物件自体は安く購入しても修繕費が高くなってしまった場合、想定していた利回りを得られなくなってしまいます。

また戸建ては入居してもらえば長く住んでもらえますが、退去時の修繕費はアパートの比ではありません。

うまく修繕費を圧縮できないとそれまで貯めたCFが退去のたびに無くなってしまうことになりかねません。

クセのある物件が多い

アパートもそうですが安い物件には何かしらの訳があります。

安い戸建て物件の場合、残置物が多い、雨漏りなどの瑕疵があるなど建物の問題も多く修繕費がかかるのもそうですが土地にもクセがあることが多いです。

旗竿地くらいなら良いですが、借地だったり接道がなく再建築不可だったり私道接道だったりとなかなかクセが多い物件が多いです。

このような物件が、土地値戸建てとして売られていますが絶対土地値で売ることは出来ません。

良い物件があればもちろん購入したいですが、こんな理由から僕は戸建て物件をまだ購入することが出来ていません。

しかも最近は戸建て投資が流行ってきて価格もどんどん上がってしまいなかなか数字の合う物件が見つからなっている気がします。

戸建て投資をする方達って、リフォームのセンスがすごく高いです。

DIYであんなにセンス良くリフォームできるのが本当に羨ましいです。

そのため戸建て投資は、センスがあってDIYができる人向けだなと思っています。

区分マンションの場合

最後に区分マンションについてです。

区分マンションは、エリアによってはアリだと思います。

このエリアというのも都心一択のような気がするのですが、あまり詳しくないので適当なことも言えません。

というのも区分マンションは長期保有しても、土地が残るわけではないですし35年などの長期ローンを組んだ場合ローンを返済後は築40年以上になっていることも考えられます。

築古の区分マンションは社会問題にもなっているように処分が大変です。

しかも築年数の経った区分マンションは資産価値もほとんどありません。

残債がなくなっていれば良いですが、残債がある場合は債務超過になり金融機関からの評価も悪くなります。

こんな理由から僕は区分マンションを購入したことはないのですが、エリアをしっかりと選定すれば失敗しないで不動産投資をすることもできるようです。

実際に区分マンションで成功している大家さんもたくさんいらっしゃいます。

エリアによっては値上がりを期待できるエリアもあったり、区分マンションにのみ融資をしている金融機関もあるのでうまくハマる方であれば区分マンションから始めるのも1つの選択肢になるでしょう。

まとめ:不動産投資初心者にオススメな物件は1棟もの

結論としてのんびり温泉大家がオススメする物件は1棟ものになります。

どの種類の投資にも良い点、悪い点があるのでたくさんの情報に触れて後悔しない選択をしましょう。

不動産投資にはさまざまな種類や方法があって正解は1つではありません。自分に合う方法、勝ちパターンを見つけることが大切です。

不動産投資には様々な種類があって地方なのか都心なのか新築なのか、築古なのかなど多くの選択肢があります。

少しでも不動産投資を安心して始めることができるような記事をどんどん書いていきますね。

以上です。

この記事もチェック

👇👇まずは業者のカモにさらないように最低限の知識をつけましょう👇👇
不動産に必要な知識をつける。初心者でも簡単にできる3つの方法

-不動産投資