トラリピ

【設定公開】AUD/NZDのトラリピ設定と運用実績を大公開

困っている人

トラリピ通貨ペアでオージーキウイが良いみたいなんだけどなんでオージーキウイが良いのかな?実際に運用しての数字も教えて。

本記事ではこんな疑問を解決します。

本記事の内容

  • AUD/NZDはトラリピでおすすめできる通貨ペアなのか?
  • のんびり温泉大家のAUD/NZDトラリピ設定は?
  • のんびり温泉大家のAUD/NZDの運用実績は?
  • なぜAUD/NZDの通貨ペアはおすすめなのか?
  • 運用するならAUD/NZDを含めた複数通貨で運用しよう

トラリピの通貨ペアを調べているとAUD/NZDがおすすめ!!

AUD/NZDはトラリピ史上最強通貨。

こんな紹介文を見つけたと思います。

本当にAUD/NZDはオススメの通貨ペアなのでしょうか?

はじめに結論を書くとAUD/NZDは僕も絶対にオススメの通貨ペアだと思います。

実際僕自身AUD/NZDを運用しています。

本記事ではなぜAUD/NZDがトラリピでおすすめする通貨ペアなのか?

実際に運用しているのんびり温泉大家の設定や運用実績も含めて解説します。

この記事を読めばAUD/NZDの特徴や魅力を知り、あなたもAUD/NZDで運用したくなりますよ。

では本文へどうぞ。

AUD/NZDはトラリピでおすすめできる通貨ペアなのか?

トラリピ史上最強の通貨ペアということで話題のオージーキウイですが、のんびり温泉大家はAUD/NZDについてどう考えているのか?

先ほども書きましたが僕もAUD/NZDの通貨ペアはかなりオススメの通貨ペアだと考えています。

実際僕も現在運用しています。

ではなぜ僕がAUD/NZDをオススメしているのか?実際に運用しているのか?を実際の運用での数字も踏まえながら説明していきます。

合わせて読みたい

トラリピの通貨ペア選びに困ったらまずこの記事を読みましょう
【決定版】トラリピおすすめ通貨ペア&おすすめしない通貨ペア

のんびり温泉大家のAUD/NZDトラリピ設定は?

まず僕のAUD/NZDの設定です。

AUD/NZDの設定
新規・買い注文新規・売り注文

通貨ペアAUD/NZDAUD/NZD

注文金額0.1万(通貨)0.1万(通貨)

レンジ新規・買い 1.001~1.14950新規・売り 1.1505~1.300

トラップ本数300本300本

利益値幅0.007ドル0.007ドル

決済トレール設定しない設定しない

このような設定で運用しています。

この設定でのロスカットレートは?

早速トラリピ資産運用表で確認してみます。

買いの場合

売りの場合

  • 買いの場合のロスカットレート:約1.03ドル
  • 売りの場合のロスカットレート:約1.26ドル
のんびり温泉大家

あれっ!?想定レンジの内側にロスカットレートがあるじゃんと思った方!!正解です。

今の僕の運用資金でこの設定をすると想定レンジをカバーしきれていません。

本来このような設定は失敗ので設定です。

僕は今後も運用資金を増やして運用通貨も増やしていく予定です。

そのため少しリスクが高いですが中途半端な設定で運用を開始しています。

ちなみに相場に変動があった場合でもすぐに入金できるように準備はしてあります。

また急な相場変動でも1日の変動幅は今の運用資金でもカバーできているのでロスカットへの準備は大丈夫だと考えています。

のんびり温泉大家のAUD/NZDの運用実績は?

次は実際に僕の運用実績も見ていきます。

僕はトラリピの運用を開始して28週になります。

トラリピのグラフ

AUD/NZDの運用実績も見ていきます。

のんびり温泉大家

うーん。評判の割には少し寂しい結果になっていますね。同じ時期から始めたNZD/USDは11万円の利益が出ています。

今後の巻き返しに期待しましょう。

なぜAUD/NZDの通貨ペアはおすすめなのか?

ではAUD/NZDをオススメする理由も見ていきましょう。

AUD/NZDオススメの理由

  • 狭いレンジでの値動きが多い
  • ショック相場に強い

詳しく見ていきます。

狭いレンジで値動きが多い

AUD/NZDは狭いレンジで値動きが多く、トラリピでの運用に向いている通貨ペアになります。

なぜ狭いレンジでの値動きが多いとトラリピ向きなのでしょうか?

トラリピの長期運用では想定レンジを広く取り、ロスカットレートを想定レンジの外側になるようリスク管理を行います。

ロスカットレートが想定レンジの外にあるため、想定レンジ内であればどんなに激しく相場が上下してもロスカットの心配はありません。

想定レンジ内で激しく上下してくれる方がより利益が出るのです。

そこで問題になるのが、想定レンジの幅です。

想定レンジを広くすればするほどロスカットの危険性は少なくなりますがその分運用資金が高くなります。

そのため狭い範囲でレンジ相場を形成している通貨ペアが望ましいのです。

のんびり温泉大家

AUD/NZDの特徴はトラリピにぴったりなんだね。

少し具体的に見ていきます。

AUD/NZDのの高低差

過去20年の高低差は1.0~1.4ドルで0.4ドルの高低差になります。

過去5年の高低差

過去5年での高低差は1.015~1.135ドルの0.12ドルの高低差になります。

とくに直近5年でのレンジ高低差はかなり狭いです。

想定レンジを過去何年ぶんのデータを活用するかで運用リスクが変わってきます。

AUD/NZDの総推移

次はAUD/NZDのの総推移を見ていきます。

100pipsあたりの総推移

通貨総推移
豪ドル/円75302
NZドル/円80587
豪ドル/米ドル81937
NZドル/米ドル94771
米ドル/円100578
豪ドル/NZドル186974

(2015年1月~2020年6月 マネースクエアのサイトより)

このようにAUD/NZDは他の通貨ペアに比べて値動きが激しいことがわかります。

AUD/NZDの高低差、総推移を確認しましたがこのようなことからAUD/NZDは本当にトラリピ向きの通貨ペアであることがわかると思います。

ショック相場に強い

もう一つのおすすめの理由にAUD/NZDはショック相場に強いということがあります。

トラリピの長期運用で絶対に避けなければいけないのはロスカットになることです。

ショック相場に強いということは◯◯ショックのようなショック相場での相場の急変動が少ないということです。

のんびり温泉大家

ショック相場に強いってことはロスカットになりにくいってことだね。

過去20年のAUD/NZD相場

この相場を見てわかるようにコロナショック、アップルショック、リーマンショックといったショック相場でも大きな変動がないことがわかります。

◯◯ショックが起きるたびに多くのトレーダーがロスカットにあいFXから強制退場させられます。

過去のデータからAUD/NZDはショック相場での急激な相場変動が少ない通貨ペアであることがわかります。

ショック相場に強い通貨ペアはロスカットになりにくいため、トラリピの長期運用とは非常に相性の良い通貨ペアであると言えます。

のんびり温泉大家

ロスカットしにくい安全性の高い通貨ペアなんだね。

運用するならAUD/NZDを含めた複数通貨で運用しよう

AUD/NZDの良さは伝わりましたか?

僕からもう一つお伝えしたいことがあります。

それはトラリピは複数通貨で運用したほうが良いことです

理由は複数通貨で運用したほうが相場が変動した際にロスカットしづらくなるからです。

運用資金が少ないうちは一つの通貨ペアだけで運用しても良いですが、運用資金が増えてきた際には一つの通貨ペアの運用資金を増やすのではなく通貨ペアを増やすようにしましょう。

ただし一つ注意点があります。

ポイント

相関性の高い通貨ペアを選ぶとリスクが高くなるため通貨ペア選びには注意が必要

複数通貨を扱う場合、相関性の低い通貨ペアを選べばリスクを低くすることができます。

しかし相関性の高い通貨ペアを選んでしまった場合、逆にリスクが高くなってしまうので注意あ必要です。

複数の通貨ペアを運用する際の注意点について詳しく説明した記事はこちら
→準備中

まとめ:トラリピを運用するならAUD/NZDは外せない通貨ペア

まとめます。

AUD/NZDオススメの理由

  • 狭いレンジでの値動きが多い
  • ショック相場に強い

これらの理由からAUD/NZDはオススメの通貨ペアです。

のんびり温泉大家

さすがトラリピ史上最高の通貨ペアというだけのことはあるね!

AUD/NZDの魅力は伝わりましたか?

ぜひ実際に運用してみてくださいね。

複数通貨での運用にもオススメですが、相関係数には注意しましょう。

以上です。

合わせて読みたい

トラリピの失敗パターンはこの4つこれさへ避ければ失敗しない
【失敗例】トラリピの失敗パターン4選〜これを読めば失敗しない〜

合わせて読みたい

トラリピは危険!?なぜ危険なのかを詳しく解説
【危険】トラリピが危険と言われるたった一つの理由と特徴

-トラリピ