トラリピ

【相関係数】トラリピは複数通貨での運用が良いって本当!?

困っている人

トラリピを始めたいんだけどトラリピは1つの通貨で始めるのか、複数の通貨で始めるのかどっちが良いのかな?

本記事ではこんな悩みを解決します。

この記事でわかること

  • トラリピを複数通貨で運用するべき理由
  • トラリピを複数通貨で運用する際に注意すること

トラリピを始める際は1つの通貨で運用するのか?複数の通貨で運用するのか悩みますよね?

少ない資金で始める際には特に分散させてしまうと、トラップの本数も少なくなるしレンジも広く取れないし1つの通貨で始めたくなりますよね?

のんびり温泉大家

1つの通貨に集中したくなる気持ちもわかりますが、僕は複数通貨への分散をお勧めします。

複数通貨での運用をお勧めする理由は、リスクを分散させることで安全な運用を行うためです。

しかし注意が必要なのは複数通貨で運用するだけではリスク分散にならない可能性があることです。

この記事では複数通貨で運用するべき理由だけではなく、複数通貨ペアを選ぶ注意点も詳しく解説します。

通貨ペア選びに失敗したくない方は是非目を通してみてくださいね。

のんびり温泉大家

@onsenooya

  • 元看護師リタイア生活中
  • 個人・法人にて4棟42室 所有中
  • CF100万円/月 達成
  • トラリピ・トライオートETFにて10万円/月のCF

では本文へどうぞ。

合わせて読みたい

トラリピの運用通貨ペア選びに悩んだら読む記事
【決定版】トラリピおすすめ通貨ペア&おすすめしない通貨ペア

トラリピは複数通貨で運用するべきである

はじめにも書きましたが僕はトラリピは複数通貨で運用する方が良いと思っています。

それは複数通貨で運用することでのメリットがあるからです。

複数通貨で運用するメリットとデメリットについても確認して自分で納得した形で運用を始めましょうね。

複数通貨で運用するメリット

  • 為替の変動リスクを分散させるため
  • 利益が安定して得られる

複数通貨で運用することでこの2つのメリットがあります。

詳しくみていきます。

含み損を分散させられるため

トラリピを複数通貨で運用する最大のメリットは含み損を分散させることができることです。

トラリピの長期運用は

  • 含み損を抱えながら下落しポジションを増やすフェーズ
  • ポジションを解消しながら上昇し、利益を得ていくフェーズ

この2つを繰り返しながら運用していくのがトラリピです。

複数通貨ペアで運用する場合、この上昇するフェーズと下落するフェーズのタイミングは全く同じにはなりにくいです。

そのため一方の通貨ペアでは下落し含み損が増えていても、別の通貨ペアが上昇し利益が出るので含み損と利益が相殺されます。

つまり含み損が急激に上昇するリスクを軽減してくれるのです。

◯◯ショックなどの相場でも含み損が最大になるタイミングは通貨ペアごとに異なります。

そのため含み損を抱えるリスクを分散することができます。

トラリピは含み損が大きくなり耐えきれなくなってロスカットに至ります。

のんびり温泉大家

含み損リスクを分散してくれるのはロスカット対策にもなるね。ロスカットをしないのはトラリピでは一番大切なことだからね。

利益が安定して得られる

もう一つのメリットは複数通貨で運用することで利益を安定的に得られることです。

含み損を分散させるメリットでも書きましたが、上昇フェーズと下落フェーズのタイミングは通貨ペアごとに異なります。

そのため含み損が増えるのを分散するのと同時に、利益を確定する回数も一つの通貨ペアでの運用よりも増えます。

一つの通貨ペアだと下落フェーズに入ると含み損だけ増えて利益確定がないから落ち着かないですね。

困っている人
のんびり温泉大家

そうですね。複数通貨で運用すると利益を確定する機会が増えるので安定して利益を得ることができます。

複数通貨で運用することで攻めも守りも固めることができるのです。

トラリピを複数通貨で運用するデメリット

複数通貨で運用すると攻めも守りも固めることができてやらない理由がないじゃん。

困っている人
のんびり温泉大家

ちょっと待ってください。複数通貨で運用するデメリットもあるんでしっかり確認してくださいね。

複数通貨で運用するデメリット

  • 通貨ペアによってはメリットを得られない
  • 運用資金が増える

詳しくみていきます。

通貨ペアによってはメリットを得られない

複数通貨で運用すれば間違い無いんじゃなかったの?嘘つき!!

困っている人
のんびり温泉大家

嘘つきって。なんだか彼女に振られるときに言われるセリフみたいな。

複数通貨ペアで運用することで得られるメリットですが通貨ペアによってはメリットを得られない可能性があります。

それは相関係数が関係しているからです。

通貨ペアを選ぶ際には相関係数に注意する必要があります。

では相関係数とはどんなものでしょうか?

通貨ペアごとに値動きが違うので含み損や利益が発生するタイミングがずれることでメリットを受けることができます。

では選んだ通貨ペアが同じような値動きをする通貨ペアだったらどうでしょうか?

通貨ペアごとに相場の上げ下げのタイミングは違いますが、似たような動きをする通貨ペアとそうでない通貨ペアがあります。

それを数値化したものが相関係数と呼ばれています。

マネースクエアで発表されている通貨ペアごとの相関係数 

相関係数が1に近いほど相関性が強く同じような値動きをする通貨ペアになります。

この表ではオレンジに塗られている箇所です。

逆に-1に近ければ相関性が弱く、同じような値動きをしにくい通貨ペアになります。

この表では青で塗られている箇所です。

相関性の強い通貨ペア

ポンド/円&ユーロ/円 カナダ/円&ポンド/円 カナダ/円&豪ドル/円 NZドル/米ドル&豪ドル/米ドル

相関性の弱い通貨ペア

米ドル/円&豪ドル/米ドル 米ドル/円&豪ドル/NZドル

レンジ相場になっていない通貨ペアははすしています。

相関係数とかくと難しく感じますが、同じような動きをする通貨ペアか、違う動きをしやすい通貨ペアか?を知るための数値くらいのイメージで大丈夫です。

のんびり温泉大家

相関係数を見ながら同じような値動きの通貨ペアに偏らないようにすれば良いんだね。

似た動きをしにくい通貨を選ぶことで、複数通貨で運用するメリットを得ることができます。

運用資金が増える

運用通貨を増やすので当たり前ですが運用資金が増えます。

運用書記で運用資金が少ないときには特に大きなデメリットかなと思います。

もちろん運用資金を増やさずに複数通貨を運用することもできます。

しかしその場合トラップ本数の数を減らす必要があるので

  • 想定レンジを狭くしてトラップ本数を減らす
  • トラップ値幅を広くする

このどちらかの対応が必要になります。

のんびり温泉大家

複数通貨の運用をお勧めしますが少ない資金で複数通貨を運用すると設定に無理が生じて利益が出にくいので資金が少ないうちは単一通貨での運用で資金を貯めるのがよいでしょう。

1本あたりの通貨数を減らす方法もありますが運用初期はおそらく0.1万通貨単位だと思うので説明は省きます。

合わせて読みたい

一つの通貨ペアは30万円あれば運用できますよ。詳しい理由はこちら
【結論:30万円】トラリピいくらから始めることができるか?

まとめ:リスクを分散して安全な運用を心がけよう

まとめます。

複数通貨で運用するメリット

  • 為替の変動リスクを分散させるため
  • 利益が安定して得られる

複数通貨で運用するデメリット

  • 通貨ペアによってはメリットを得られない
  • 運用資金が増える

通貨ペア選びには通貨ペアごとの相関係数に注意が必要です。

相関係数に注意して通貨ペアを選べば、複数通貨での運用は攻めも守りも同時に行える最高の運用方法になります。

のんびり温泉大家

自分が運用する通貨ペアをあれこれ考えながら探すのも楽しいですよ。

以上です。

見出しテキスト

トラリピの失敗パターンは決まっている!?これを避ければ失敗しない!!
【失敗例】トラリピの失敗パターン4選〜これを読めば失敗しない〜

合わせて読みたい

トラリピを運用するならこのテクニックは習得必須です
【トラリピハーフ&ハーフ】メリット・デメリットは?詳しく解説

-トラリピ