トラリピ

【超簡単】トラリピで安全設定を見つける具体的なバックテストの方法

困っている人

トラリピの設定を組む際にバックテストをしたいんだけど何を使ったら良いかな?バックテストをする良い方法があれば教えて。

本記事ではこんな悩みを解決します。

この記事でわかること

  • 自動売買のバックテストとは?
  • バックテストの重要性
  • バックテスト、ロスカットレートの確認方法

トラリピの設定を考えていて、設定で運用していたらどのくらい利益が出たんだろう?と思うことはありませんか?

トラリピの資産運用表はロスカットレートを確認することはできます。

しかし過去のデータからその設定だったらどのくらいの利益が出ていたかを知ることはできません。

バックテストの方法

インヴァスト証券の自動売買ビルダーを使う

この記事を読めばバックテストの重要性からバックテストの方法までかんたんに理解することができます。

安全な資産運用をしたい方はぜひ読んでくださいね。

のんびり温泉大家

@onsenooya

  • 元看護師リタイア生活中
  • 個人・法人にて4棟42室 所有中
  • CF100万円/月 達成
  • トラリピ・トライオートETFにて10万円/月のCF

この記事を書いている僕は投資歴8年、元看護師で現在は副業からの収入でリタイア生活中です。

では本文をどうぞ。

自動売買のバックテストとは?

バックテストとは?

バックテストとは?

過去のデータから、一定期間にどのような結果を得られたかをシミュレーションすること。

トラリピで設定を考えたら運用する前にこんな風に考えませんか?

困っている人

この設定を過去の相場に当てはめたらどんな結果だったんだろう?

こんなモヤモヤを解決してくれるのがバックテストです。

のんびり温泉大家

過去なんて振り返らない!!前だけ見て突き進めば良いんじゃ!!

こんな風に考える方もいるかもしれません。

しかしちょっと待ってください。

バックテストには今後の設定を考える上でも参考になることがあるんです。

バックテストの重要性

バックテストでわかること

  • 考えた設定で運用した際に今後どのくらいの利益が見込めるかの予想
  • 過去のデータから最適な利益幅の予測

バックテストを行うことで、考えた設定で運用した場合の利益の予想を立てることができます。

またトラリピなどの自動売買では利益幅をいくらに設定するかでも最終的な利益が大きく変わってきます。

そのためバックテストを行い通貨ごとに最適な利益幅を考えることが非常に重要です。

のんびり温泉大家

ただバックテストは過去のデータに当てはめた時にこのくらいの結果が出たという目安です。同じ結果になることはないので注意が必要です。

バックテストの方法 自動売買ビルダーを使う

バックテストをした方が良いことはわかったけど、バックテストをやる方法は?トラリピにはそれらしいツールは見当たらないんだけど。

困っている人

残念ながらトラリピにはまだバックテストツールはありません。

そこで色々と探した結果良いツールを見つけました。

それがインヴァスト証券の自動売買ビルダーです。

インヴァスト証券に口座開設しなければ使えないのがデメリットです。

インヴァスト証券の口座開設をすれば、のんびり温泉大家も運用してるトライオートETFも運用できるよ。

合わせて読みたい

インヴァスト証券の口座開設を詳しく解説した記事はこちら
【簡単】トライオートETFの口座開設〜入金方法まで始め方を徹底解説

自動売買ビルダーを使うだけでもオススメですのでサクッと口座開設だけ済ませてしまいましょう。

もし興味があればトライオートETFも一緒に運用しましょうね。

実際にバックテストをやってみる

では実際にバックテストを行ってみます。

自動売買ビルダーでのバックテストの方法

  • インヴァスト証券にログインする
  • ビルダーを開きFXを選択する
  • マルチカスタムを選択する
  • 通貨ペアを選択する
  • 設定値を入力してシミュレーションを見るをクリック

これだけでシミュレーションが行えます。

詳しくみていきます。

インヴァスト証券にログインする

インヴァスト証券の口座開設が完了している方はまずログインしましょう。

ビルダーを開きFXを選択する

ビルダーを開くと「FX]と「ETF]の2種類から選択する画面になるので「FX]を選択してください。

マルチカスタムを選択する

次の画面はロジック作成方法の画面になります。

「シングルカスタム」と「マルチカスタム」の2種類があるので「マルチカスタム」を選択します。

通貨ペアを選択する

次の画面では通貨ペアを選択します。

今回はわかりやすいように、USD/JPYを選択します。

設定値を入力してシミュレーションを見るをクリック

これが最後の画面です。

設定値を入力してシミュレーションを見るをクリックすれば完了です。

入力する設定値

  • 売買:売りか買いかの選択
  • レンジ幅:トラップを仕掛けるレンジ幅をいくつにするか
  • 本数:設定したレンジ内に何本のトラップを仕掛けるか?
  • 数量:通貨量。1000通貨なら0.1
  • スタート価格:買いトラリピなら上限値。売りトラリピなら下限値。
  • 利確幅:利確幅を入力
  • 損切り幅:ストップロスの数値
  • フォロー値:トラリピの場合は空白のままでOK
  • カウンター値:決済していくら下がったら同じ注文をするかの値。トラリピの場合は利確幅と同じ数字を入力。

今回のバックテストは?

バックテスト設定

  • USD/JPY
  • 売買:売りと買いのハーフ&ハーフ
  • レンジ幅:1000pips(10円)
  • 本数:50本
  • 数量:0.1万通貨
  • スタート価格:110円
  • 利確幅:100pips(1円)

このような設定でバックテストを行ってみました。

結果はこのようになりました。

2019年の1月からなので約2年半の運用になります。

バックテストでわかる数値

  • 期間収益率:設定した期間での推奨証拠金に対する利益率
  • 期間損益:設定した期間を通しての利益
  • 推奨証拠金:相場変動リスクを考慮した運用資金の目安

あれ!?期間収益率が100%を超えてる!!年利で40%以上出てるね。

困っている人

バックテストはあくまでも過去のデータなので今後もこんなに良い運用結果が出るとは限らないですからね。

このように自動売買ビルダーを使うとこんなに簡単にバックテストを行うことができます。

しかもこの結果にはトライオートの、スプレッド、スワップポイント、手数料が含まれています。

ロスカットレートの確認も重要

バックテストの方法も分かったのでこれで一安心。ありがとうございました。

困っている人

ちょっと待ってください。もう一つだけ伝えたいことがあるんです。

自動売買ビルダーのバックテストで過去のデータでの運用利益、適正な利益幅はわかりました。

しかしバックテストでは一番重要なロスカットレートがわからないのです。

バックテストで得た結果を踏まえて今度はトラリピの資産運用表でロスカットレートを確認してみましょう。

ちなみに今回の結果を入力した結果がこちらです。

このような結果になりました。

売りの場合の方が必要資金が大きいので売りのみとします。

先ほどバックテストを行った設定をトラリピに当てはめた場合の必要資金は約49万円となります。

その場合のロスカットレートは120円以上なのでしっかりと想定レンジの外側に来ていることがわかります。

ロスカットレートを確認して初めてバックテストが完了になりますよ。

まとめ:バックテストは非常に大事

まとめます。

バックテストとは?

過去のデータから、一定期間にどのような結果を得られたかをシミュレーションすること。

バックテストでわかること

  • 考えた設定で運用した際に今後どのくらいの利益が見込めるかの予想
  • 過去のデータから最適な利益幅の予測

自動売買ビルダーでのバックテストの方法

  • インヴァスト証券にログインする
  • ビルダーを開きFXを選択する
  • マルチカスタムを選択する
  • 通貨ペアを選択する
  • 設定値を入力してシミュレーションを見るをクリック

トラリピバックテストの方法

  1. 運用したい設定を考える
  2. 自動売買ビルダーでバックテストを行う
  3. 利益率、最適な利確幅を見つける
  4. トラリピ資産運用表に入力してみる
  5. ロスカットレートを確認する

このような流れで設定を考えることで安全性を考えた設定で運用することができます。

バックテストの注意点として、自動売買ビルダーを使っているとどんな設定が利益率が高いか探しているだけで時間を浪費してしまいます。

バックテストは過去のデータでの検証なので、あまりやり込みすぎないようにしましょう。

以上です。

合わせて読みたい

ロスカットレートを把握することがトラリピで失敗しない方法です
【超重要】トラリピ運用試算表の使い方〜使わないと大変なことに!?〜

-トラリピ