不動産投資

不動産投資で初心者が失敗しない唯一の方法とは

困っている人

不動産投資を始めたいけど失敗するのが怖いな。初心者でも失敗しない方法はないのかな?

本記事ではこんな悩みを解決します。

この記事でわかること

  • 不動産投資で失敗しない方法

不動産投資を始めるなら失敗したく無いですよね。

もちろん僕も同じです。

不動産投資で絶対に失敗しない方法は残念ながらありません。ただし失敗を想定して準備しておくことで大きな失敗を防ぐことは可能です。

がっかりさせてしまったかもしれませんが、リスクがゼロで絶対に失敗しない投資はありません。

しかし不動産投資はしっかりと準備をしておけば大きく失敗することもない投資です。

本記事で紹介する方法で僕は8年間不動産投資から退場することなく過ごせています。

のんびり温泉大家

@onsenooya

では本文をどうぞ。

  • 元看護師リタイア生活中
  • 個人・法人にて4棟42室 所有中
  • CF100万円/月 達成

不動産投資初心者が絶対失敗しない確実な方法などない

不動産投資のイメージ

  • 架空の入居者で購入してすぐに全空になってしまった。
  • 想定していた価格で売れず、多額の借り入れだけが残った。

よく聞く失敗事例

  • 修繕費用を業者にぼったくられた。
  • 入居者の滞納問題で想定していた家賃を得られない。

など一発で退場になってしまう失敗から、小さな失敗まであげればきりがありません。

できれば失敗はしたくないのですが、不動産投資を始めるなら絶対に失敗しないという事は無理だと思ってください。

その理由を詳しく見ていきましょう。

不動産投資初心者が失敗を防ぐ方法は?

では不動産投資初心者はなぜ失敗してしまうのでしょうか?

本当に失敗しない方法はないのでしょうか?

投資なのでリスクが全く0はあり得ない

投資とは

利益を得る目的で、事業に資金を投下すること。出資。

引用:広辞苑:広辞苑無料検索

とあります。

利益を得るために不動産という事業に資金を投下するのです。

利益を得るために背負うのがリスクです。

のんびり温泉大家

全くリスクのない投資というのはないのです。

不動産投資で大きな失敗しないようにする事は可能

不動産投資は投資なので必ずリスクはありますが、どんなリスクがあるか想定しておくことが重要です。

想定しておくことで、失敗を未然に防いだり失敗してもダメージを最小限にすることができます。

全く想定していない問題が生じた場合、対策を打つのが遅れたり有効な対策が打てなくなります。

最悪の場合、その1回の失敗で不動産投資から退場することになります。

のんびり温泉大家

初めから少なからず失敗はするもんだと考えて準備しておくってことだね。

ポイント

👇👇絶対に失敗したくない人はこちらの記事もどうぞ👇👇
不動産投資初心者がやってしまう3つの失敗パターン

過去の失敗事例から学ぶ

不動産投資において過去の失敗事例はどんなものがあるのでしょうか?

有名な事件なので聞いたことがあるかもしれませんね。

スルガ銀行 かぼちゃの馬車事件

この事件は2018年、スマートデイズ社のかぼちゃの馬車というシェアハウスに対する不正事件です。

かぼちゃの馬車事件の問題点

  • スルガ銀行の不正融資
  • 35年の家賃保証

詳しく見ていきましょう。

スルガ銀行の不正融資

かぼちゃの馬車のシェアハウスは極小な部屋で、且つ高家賃という悪条件の物件だったため入居状況も悪く決して評判の良い物件ではありませんでした。

ではなぜこんな物件を多くの方が購入できたのでしょうか?

その理由は購入者の収入、預金などの偽装、改ざんを行ったからでした。

しかも偽装、改ざんを行ったのは不動産屋だけで行ったのではなく、スルガ銀行側も一緒になって行っていたのです。

35年の長期間の家賃保証

もう1つの問題は、35年という長期の家賃保証でした。

通常家賃保証は、満室家賃よりも低い金額になるのですが、かぼちゃの馬車の家賃保証額は満室時の家賃よりも高い家賃保証額でした。

この長期の家賃保証を大きなメリットとして売り出していたのですが、急にオーナーへの賃料の支払いをストップしたのです。

のんびり温泉大家

銀行が書類の偽装・改ざんなどの不正を積極的に行っていた衝撃的な事件でしたね。

アルヒ・アプラス投資用マンションローン不正事件

次は融資の窓口のアルヒ、審査や融資はアプラスが行う投資用マンションローンで不正があった可能性が疑われる事件です。

アルヒ 事件概要

  1. 販売業社が周辺物件の2倍近く水増しされた価格で物件を紹介する。
  2. 窓口であるアルヒが、買主の収入、預金の書類の改ざんを行う。
  3. アプラスが水増しされた物件に対し融資を行う。
  4. 物件価格が高く融資額が足りないので、高金利の追加商品も借り入れすることになる。

このような事件でした。

物件を購入してしまったオーナーは水増しされた高い物件と高金利の融資の返済で、入居者がいても赤字が続き自己破産した方も出ました。

この事件はアルヒ・アプラスが調査を行い書類の偽造や改ざんなどの不正は無かったとしています。しかし、様々な証言もあり不透明な事件です。

まとめ:不動産投資初心者は絶対に失敗しない唯一の方法

不動産投資で絶対に失敗しない方法は1つだけあります。

それは不動産投資をしないことです。

始めなければ絶対に失敗することはありません。

不動産投資をやっていれば必ず失敗はします。

しかしその失敗を想定して準備しておくことで、一発退場のような大失敗は防ぐことができます。

のんびり温泉大家

僕は大失敗しないよう注意することで退場せずに8年過ごすことができています。

以上です。

ポイント

👇👇最低限の知識がないと業者のカモにされますよ👇👇
不動産に必要な知識をつける。初心者でも簡単にできる3つの方法

-不動産投資